TOMOZOTOWN

岐阜県在住、30代、2児の父、共働き。主に写真、食、投資、物について書いてます。

五頭連山の親子山岳遭難について。

お題「最近気になったニュース」

 

f:id:tomozonesu:20180530230909j:plain

 

 

こんにちは、TOMOZONESUです。

 

今日は、あまりいいニュースではないのですが、ちょっと色々思ったので書いてみる事にしました。

 

www.asahi.com

 

お父さん37歳、お子さん6歳、全く自分と重ねてしまって、何とか助かって欲しいと願っていたけど、ダメだったみたいです。

 

自分も、先日、山に子供達を連れて行ったばかり。

 

遭難した山は、松平山と言う954mの山らしいけど、そんなに高くないし、気軽に連れて行ってしまいそうな山だと思った。

 

最近、山登りに行くと、Tシャツとジャージで、靴もサンダルなど、びっくりする様な装備で登ってくる事が多い。

 

自然を軽視してはいけない、人間は無力です。自分も渓流釣りに行って、一度遭難しかかった事があるので、今でも鮮明に思い出す。

 

適当な釣りの装備しか持たず、渓谷に入った。釣りに夢中になり、進んでいくと夕暮れ、すり鉢状の谷から離脱するルートが無くなった。雨が降り始めた。

 

 

『遭難しかかったら、とにかく上を目指せ』のキーワードを思い出し、懸命に道なき崖を登っていく。頭はパニック、冷静ではいられない。雨で体温は奪われ、腕や足に力がなくなっていく。

 

ちょっとでも道の様な場所を見つけると、こっちから行けば下山できるんじゃないかと誘惑がよぎる。最終的には何とか山の林道に出れたが、こうやって人は遭難し、パニックになって冷静さを失い、命を失う事にも繋がると身を持って体験した。

 

このニュースの親子が、どんな装備で、どんな気持ちで山に向かって行ったのかは、わからないけど、遺体は谷で見つかったそうだ。下を目指してしまったのだろう。山で遭難しそうになっても、絶対に下を目指さない。これは、崖から転落したり危険のリスクを伴うからです。周りが暗くなるとなおさら。

 

これだけは、守って欲しい。

お願い
  • 必要最低限の装備は持って山に入る事
  • 遭難しかかったら、とにかく頂上を目指す事

 

 

昔は、僕も逆の目線だった。低い山でもある程度の装備を持ってくる人なんて、『な〜んだカッコつけちゃって』って思っていた一人だから。

 

低い高いは関わらず、山に入る、自然に入る時は必要最低限の装備を持って入って欲しい。最近の雑誌はオシャレ感を売りにしてるけど、本質は、昔も今も変わらない。

 

以上、TOMOZONESUでした。 

 

宜しければ、読者登録お願いします!