TOMOZOTOWN

ブログ+noto+2児の父+共働き+ほぼ主夫 |😅中学いじめで不登校➜大学はモテ期➜転職4回➜37歳で月収20万円➜将来が不安➜家計の見直しと資産運用➜人生投資家エデン氏と出会う➜ブログなど副業をはじめる✨👈 今ココ| 思考改善の全て与えます。🔥熱狂的なファンを1人つくりましょう!💰そしたら勝手に増えていく。

人生の名言なんて無いけど、ともぞーが語り始めます!

スポンサーリンク

f:id:tomozonesu:20180920224703p:plain

 

皆さん
こんにちは!
ともぞー(@tomozo_2018)です。

 

あなたは、自分の人生について話た事がありますか?人生を語るなんて恥ずかしいし、カッコいい人生の名言もないし、「聞いたって面白くないじゃん」て?

 

最近は、雑記ブログ化が激しくなっておりました。これもいいんですけどね、書きたい事たくさんあるし、ネタに困らないから。

 

検索にひっかかれば収益化ができますし、ニヤニヤできる。

 

SEOやキーワード使って書いていけば、それなりに収益はでますけど、なんかこれじゃ、ありきたりじゃ・・。と思っていたわけです。

 

 

f:id:tomozonesu:20180804233553p:plain

今回はこんな方に読んで頂けると、きっと役に立つ内容となっています。

こんな方は必見
  • ともぞーについて知ってみたい人。
  • 人の人生が知りたい人。
  • ともぞーに興味がある人。
  • 自己表現できていない人。
  • 一緒に人生を振り返ってくれる人

 

 

最後まで読まれたら、なぜ僕が人生を語ろうと思ったかが分かります。ともぞーに興味がなくても読んでみてね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

親近感が湧かない

 

検索上位にでてくるサイト見てても、それを書いている人、人間が感じられない。親近感が湧かないんです。

 

そして、僕自身も同じように自分を表現できていない。

 

まぁ、「情報が得られれば、書いてる人なんて誰でもいいんじゃない?」

そういう意見もあるでしょう。でもね・・。

 

 

 

ネット社会で親近感は希少価値が高い

 

僕は、最近、「クラウドソーシング」ってのでライターの仕事をしていたりします。そこでは、記事を検索上位にあげて収益を稼ぐためのサイト作りでライターさんを募集しいて、1記事1000円とかで買ってくれます。

 

どうやって作るかというと、ネット上に溢れている情報をかき集めて自分なりに解釈して自分の言葉でリライト(コピペは厳禁)

 

そして、記事が出来上がっていきますが、普段ブログで書いているような自分自身で思いつくストーリーを入れて作成してみたら、とても喜ばれ、希少性があるから続けて欲しいと言われるまでになりました。

 

継続はしてませんけどね、自分のブログを書きたかったので。1記事1000円って高いか安いか人それぞれでしょうが、それぐらいの価格で買ってくれるという事は・・。

 

これ以上は、またの機会にしましょう。

 

 

何が言いたいかというと、そういうサイトが多くなっているって話です。人間が書いていますが、その人の思いが入っていない。その人がどういう人なのか感じられない。

 

これを書いている人は誰なんだ?どういう人なんだ?って話 。これって結構重要。

 

 

 

プロフィール恥ずかしくて消した

 

以前書いたんですが、プロフィール的なやつ消しちゃいました。こういうのって、何だかカッコつけて書いてしまうんですよね。いい人に見せたいとか。成功者に見せたいとか。モテたいとか。いろいろ。

 

ツイッターで発信するようになって、そこでも、なかなか親近感が沸く人って少なかった。だから親近感が沸く人って、希少価値が高いんじゃないかなぁ?って思うようになったんです。

 

カッコよく見せて、フォロワーを増やしたい、読者を増やしたい、そこから流入する人で収益を稼ぎたい。そんな感じがして。

 

僕もその流れでした。そして、「ともぞーってカッコつけすぎじゃない?」って言われる事もあって。

 

ブログを収益化しているので、確かに収益は欲しいですが、それ以上に親近感の湧いてくれるファンを見つけたい。

 

自分と同じような失敗で悩んでいる人もいるかもしれないし、こいつアホだなぁと思われるぐらいで丁度いいのかも。

 

 

 

スポンサーリンク

親近感が湧いた人の発信は常に興味の的

最大のメリットはここ、人間らしさがあって、親近感が湧く人は常に興味の対象となり、熱狂的なファンになっちゃう。

 

そうなると、目が離せない。ツイッターでもブログでも、どんな事してるのか気になる。これは圧倒的に強い。

 

 

 

自分をさらけ出す必要がある

 ただ、これをやるには、乗り越えないといけない難しい壁があります。自分のとても恥ずかしい部分や失敗に関わる事も全て出し切らないといけません。

 

かっこいい部分だけではダメ。そういう人に、心を開くものです。

 

 

まとめ

という訳で、今後、赤裸々に僕自身を語っていきます。

 

ちょっと自分の人生について幼少期から振り返って、モォ恥ずかしくて人に話せるような事じゃないような話(google先生に叱られそうな)から、

 

バカみたいな失敗談。僕は成功者でも何でもないので、失敗談には自信がありますよ。まぁ腐るほどある。

 

親近感が沸く一方で、「気に入らない!思っていた人と違う!」と、去って行く人も確実にいるでしょう。

 

それでも、これには、心をぐっと掴むパワーがありますよ。

 

さぁでは、次回以降をお楽しみに。

 

以上、ともぞーでした。

 

 

 

宜しければ、読者登録お願いします!

 

   

スポンサーリンク