TOMOZOTOWN

こんにちは!TOMOZONESUです!😁👍37歳2児の父、共働き。田舎零細企業の平社員、安月給、先行き不安。💰節約、節制から、お金に頼らない生活と副業でレバッジを利かす。 ✨目標:自分の見栄っ張りな殻を破って、純粋で自由に生きる事。 😅特徴:メンタル弱/人混み嫌い/勝手にナルシスト/他人と比較ばかり/見栄っ張り

弟がある日、写真家になっていた話。【宮島直史写真事務所】

スポンサーリンク

f:id:tomozonesu:20180701000826p:plain

 

 

こんにちは、TOMOZONESUです。

 

今日は、この場を借りて宣伝させていただいてもいいでしょうか?僕じゃなくて、これは弟の話です。

 

別に弟と仲が悪いわけでもありませんが、全然連絡をとっていないからこんな事になるんでしょう。正月とか実家に帰った時に、少ししゃべるぐらいで、男の兄弟ってそんなもんです。弟は金沢に住んでいます。大学で北陸の方へ行ったきり居心地が良かったんでしょうね。それ以来ずっと向こうで暮らしてます。

 

 

本記事の内容

  • 関係が密接でなかった為に起こった、ある兄弟の衝撃ストーリー。

 

 

 

 

弟の経歴

 

もともとは税理士を目指していて、試験勉強をしながら税理士事務所でお世話になっていたみたいですが、こういう業界もブラック企業が多いですから、朝から夜遅くまでこき使われて、試験勉強なんかやれていなかったみたい。会社の決算時期はヒドイらしいです。

 

そうこうしているうちに、転職したのかな?なんか知らないうちにデザイン関係の仕事やってるなんて聞いてて、フェイスブックやインスタには写真が色々載ってたから、「へぇ〜、こんな事してんだぁ」って。← どんだけ兄弟連絡とってないんだって話ですよね。笑。

 

前に話しましたかね?うち父親が高校の美術教師だったので、小さな頃から絵を書いたり、何かものを作るのが日常茶飯事の家で。少なからずそんな影響をどこかで得てるんだと、僕も含め感じます。

 

僕が写真を始めた頃、弟も影響を受けたのか写真を趣味で始めていました。だから、美術大学へ行って勉強したわけでもないし、習ったわけでもない。全く経歴なんて皆無です。

 

どっかの大物写真家の弟子だったわけでもなく。

 

↓ちなみに僕の写真はこんな感じ。最近はアップしていませんが・・・。

www.tomozotown.com

 

 

知らせは、突然に

 

最近SNSといえばツイッターばかりで、フェイスブックなんて見ることもなかったんですが、たまたまアプリを開いていたら・・。

 

こんなタイムライン

f:id:tomozonesu:20180630160103p:plain

 

誰だこれ?はーーーーーーーーーーーっ?

 

弟じゃん。

 

『本日発売のOggi 8月号のthe turning pointの加賀屋の小田様を撮影させていただきました。』

 

加賀屋の小田さんって女将さん、有名人でしょ?情熱大陸ってテレビ番組で見てて知ってるし、雑誌なんて、スゲェじゃん。あいつがなぁ。

 

しかも、ハッシュダグが・・。

 

#全国誌 #第2回記念 #宣伝 #目次の次です #やはり嬉しい #皆様のおかげです #宮島直史写真事務所 #祝1周年 #まだまだ暇な日々 #お仕事ください

 

 

おい・・。なんだよ写真事務所ってよ〜。 しかも、祝1周年ってなんだよ〜。聞いてねぇ〜〜ぞ。

 

起業してんじゃね〜かよ・・。

 

しかも『#お仕事ください』ってなんだよ、食えてないのか?

 

 

「宮島直史 写真事務所」

 

ちなみに・・・。ホームページなんてあるわけないよな??恐る恐る、ググってみた。

 

「宮島直史写真事務所」と・・。

 

miyajima66.myportfolio.com

 

あるじゃね〜か!しかもオシャレ・・。こんなページ出来るわけないから、自分で作ってないよなぁ。

 

それよりも、写真がすごくいい・・。ポートレートのモデルさんの表情もすごくいいし、笑顔が素敵な一瞬を逃していない。風景でっていいじゃないか、サムネに使えそう。感動して、しばらく固まってました。

 

兄弟 おばあちゃん

 

夜景

 

 

兄は放心状態、そして感動

 

ボーーーーーット眺めているだけで。放心状態。これ、本人が撮ってんのかなぁ?って疑いたくなるくらいに上出来だった。

 

なんだかなぁ。写真の腕はすっかり成長して追い抜かれてしまったし、やりたい事やってるヤツはいいなぁって。素直に思ってしまった。羨ましささえあった。

 

おそらく両親にも言ってないんだろう。「会社に入って真面目に安定した職について欲しい」ってのが親の願いだから。

 

 

簡素なメール

 

影ながら応援したいので、やはりココは強く言わず、こんなメールで締めくくった。

 

 

僕:「フェイスブック見たけど、仕事って写真やってるの?ツイッターアカウント作って集客するといいよ。ではまた。」

弟:「了解です!参考にします!」

 

で終わった。これ以上でも、これ以下でもない、たったこれだけ。寂しい会話って思われるかもしれないが、男兄弟ってこんなもんだ。まぁ、こうやってブログに載せてしまったので、いずれバレるかもね。

 

 

 

まとめ

たまたまブログやってて本当によかった。こうして少しでも協力出来るんだから、素晴らしいよ、ネットの世界は。ただ、残念なのは、このブログのPV数が少ないから、あまり広がらんかもって話です。笑

 

もし、写真のお仕事でお困りのようでしたら、こちらまで連絡入れてやって下さい。金沢在住ですが、全国で動けるフットワークはありますから、何なりと。

MIYAJIMA NAOFUMI | 宮島直史写真事務所

 

 お問い合わせメールフォーム

 

 

以上、TOMOZONESUでした。 

 

 

宜しければ、読者登録お願いします!